趣味の総合サイト ホビダス
 

今日のイチオシ!

2 comments

Posted on 18th 1月 2013 by MACKY'S in 日記

Facebook から拾って来た今日のイチオシ画像です。

有名なライターのKon君からのコメントです。

手前2台はV100用テールが付いた「RX-3 SP」ですね。

街道レーサーばりのフロントエアダムもRX-3 SP標準デス。

手前はストライプのみのレプリカかも。

レッドのは本物のうえ、3ローターの20Bにスワップされてるやつだと思います。

昔JCCSで見ましたヨ。

流石に詳しい(゚д゚lll)

確かに手前のはエアダムが付いて無いし、ドアミラーも汎用品ぽい感じ。

しかし、昭和の日本車にCENTERLINE WHEEL やWELD WHEELは良く似合う(^O^)

ボデイーカラーも良い!

 

 

 

 

 

 

 


2 Comments
  1. KON a.k.a GOLDEN MEDIAWORX says:

    調子に乗って書き込んでしまった、例のライターKON本人でございます。

    気になって他のサイトで確認したらイリノイ州のライセンスプレートだったので、
    20Bスワップのとは別のRX-3ですね…。20B積みのオーナーはカリフォルニア州在住で、
    WHEELはワークエクイップ03(日本で人気の十字型じゃなく8本スポークの)でした。
    そのRX-3 SPには4年前のJCCSで日本の某誌のアワードを進呈しました。ほかにも
    LIGHTING誌の別冊で存在した「VINTAGE AUTO」誌に詳しく掲載されています。

    グリーンのほうも別のサイトではSP純正のフロントエアダムが付いてるので,日本のサバンナ後期と
    同じ小振りなエプロンに交換したものと思われます。

    V100共通テールに専用のボディデカール、ブラックアウトされた5mileバンパーやモールディング、リアのサイドウインドーのルーバーシェイドもRX-3 SPならではのディテールです。

    ホントかっこいいです。でも現存数がDATSUN ZやTOYOTA CELICAの初代より遥かに少ないため
    アメリカでRX-3とRX-2クーペ(カペラロータリー)の程度のいいサバイバーはメチャ高です。
    REPUの愛称を持つロータリーピックアップも然り。欲しくても私には到底手が出ません(涙)

    その’70s Mazda REを好むのも、白人ではなくチカーノやプエルトリカンが中心なのも独特です。
    特にLAのチカーノ系オーナーは、ラージRIMを履いたLOWRIDER色の濃いカスタムが目立ちます。
    しかもみな怖い…(爆)JCCSの会場でも周囲の目を気にせずBEER呑んでました(笑)

    かつてカスタムCAR誌でドジャースカラーのRX-2クーペ(しかもランボドア…)を撮影した際、
    オーナーが所属する有名なLAのRE MAZDAのTEAM「R Power」のメンバーに勇気を振り絞って
    どうしてMAZDAが好きなの?」と訊くと、
    「子供の頃にオヤジが乗ってたんだ」みたいな返答が多くから返ってきたのを今も覚えてます。

    個人的な推測ですが、おそらくアメリカでは耐久性の低い初期のREモデルのマツダ車は比較的
    高年式でも中古が安く買えたのだと思います。日本でもハズれのエンジンは3〜5万kmで白煙を
    吹くと言われたくらい。だから、フリーウェイを頻繁に利用し半端ない距離を走るアメリカでは、
    アペックスシール破損のすえ“所詮は日本車”の時代背景もありOHすることなくジャンクヤード直行か格安のユーズドカーとして’80s前後の低所得層のアシ車を務めた……。そんな気もします。

    その証拠に、同年代のDATSUN280Zや,私が乗ってるB-210もコンディションにこだわらなければ、
    そのままアシに使える生き残りの個体はまだアメリカにゴロゴロありますからネ。

    LA LOWRIDERがCHEVYにこだわるのも、もともとはユーズドカーが安く買えたのが理由の原点に挙げられると訊いたことがあります。LAチカーノ系のRE MAZDA好きにとっての初代サバンナやカペラは、それに通じる次世代のOLD SKOOL LOWRIDERのような感覚でのこだわりを感じました。

    18th 1月 2013 at 10:06 PM

  2. MACKY'S says:

    KON a.k.a GOLDEN MEDIAWORX 君>

    HNも長ければ、コメントも本文より長い(笑)

    タメになるコメント、ありがとうございます。
    流石です!

    18th 1月 2013 at 9:10 AM

コメントする