趣味の総合サイト ホビダス
 

コスト

0 comments

Posted on 26th 5月 2012 by MACKY'S in 日記

先日に購入したOLYMPUSのデジカメには充電器が付属していません。

昨年の末頃に買ったNikonもデジカメにも付属していませんでした。

 

本体充電、つまりデジカメにバッテリーを装填したまま、専用ケーブルを使ってAC電源経由で充電する。

だから充電中は予備のバッテリーを何個用意してあろうが、

肝心のカメラ本体そのものが充電器と化しているのだから撮影に使うこともできない。

 

 

不便なので、良く使う方のOLYMPUSの充電器と予備バッテリーをネットで購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共に純正品ですが国内流通品では有りません。

因みに充電器の国内定価は5,250円(税込み)、僕が買ったのは3,280円(税・送料込み)。

バッテリーの国内定価は5,880円(税込み)、買ったのは1,450円(税・送料込み)。

 

国内流通品で揃えた場合の合計金額は11,130円(税込み)。

今回、買った海外流通品の合計は4,730円(税込み)。

 

保証は販売店保証となり、充電器は6ヶ月、バッテリーは12ヶ月付です。

国々での生活物価の違いは有るけど、国内定価の5割以下で買えるのもなぁ・・・

 

そもそも、コストダウン目的で充電器を付属品から省くって言うのも・・・

 

インクジェット プリンターの純正インクカートリッジの格安外国流通品が出回ればイイのに。

年々、カートリッジのサイズが小さくなり、色数が増えてコストが掛かるようになっていますね・・・

 


コメントはまだありません。

コメントする