趣味の総合サイト ホビダス
 

Mini Truckin’の最新号が入荷しました。

0 comments

Posted on 31st 1月 2008 by MACKY'S in 日記

男子も負けましたね。
予想はしてたけど、残念!
前半20分位で、負けは見えた気がしました。
ハンドボールの場合、シーソーゲームでの試合展開じゃ無い限りは、前半の最後の時間位になると大体は試合結果が読めるように思います。
100%では有りませんが、4~5点差を後半で引っ繰り返しての逆転勝ちのパターンは少ないと思います。
と言うか、後半の得点は同点でしたが、試合全体の得点で日本がリードした事が無かった事に負けの気配を感じました。
しかし、「さすが!」と思う、素晴らしいプレーが多々有りました。
テレビ観戦ではオフェンスとディフェンス、そしてキーパーとの駆け引きが確認し辛かったですが、両国共にキーパーもナイスなセーブでした。
ディフェンスが良いとキーパーは守る範囲が狭くなるのでセーブできる確立も上がりますが、昨夜の試合ではノーマークシュートをセーブするシーンが多かったです。
テレビの前で「ナイスセーブ!」と何回も声を発していました。(笑)
シュートしてくる相手がシュートモーションに入って、手からボールが離れる、ほんの一瞬の間にキーパーと色々な駆け引きが有るんですよ。本当に、ほんの一瞬に色々とです。
試合終了の数分前に宮崎大輔選手が左サイドの浅い位置から放ったシュートはキーパーに止められました。 あのシュートがゴールネットを揺らす事が出来るほど韓国戦は甘くないと思ったのと同時に、宮崎大輔選手の勝ちたい気持ちと焦りを感じました。
少し、簡単に打ち過ぎたと感じるシュートでした。
今回の日本チーム総監督を勤められていた、蒲生晴明さん(Wikipedia)を久しぶりに拝見しました。
昔と少し容姿が違っていたようにも感じました。
約30年前くらいの記憶だから当たり前?(笑)
サッカーで言う「釜本邦茂さん」みたいな感じの方です。
(少し違うかな?)
色々と書きたい事が有るのですが、
意外と興味の無い人も多そうなので控え目に(-_-;)
全然、控え目じゃ無いし(笑)
まだまだ、アジア・ハンドボール連盟(AHF)とのモメ事は続く感じです。
ふぅ~
———————————————–
Mini Truckin’の最新号が入荷しました。

今回の号から、若干ですが入荷部数を減らしました。
お買い求めは、お早めに!
因みに、まだ2008年の号は入荷していませんが、
Tailgate 誌 は、以前より入荷部数を増やしました。
こちらも宜しくお願い致します。


コメントはまだありません。

コメントする