趣味の総合サイト ホビダス
 

昭和

0 comments

Posted on 25th 11月 2007 by MACKY'S in 日記

皆さん、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は観ましたか?
僕はDVDで鑑賞する事になると思います。
この映画は昭和34年の時代設定なので僕が生まれる3年前です。
僕の記憶として残っているのは昭和40年頃からなので、数年ほど年代はズレますが親父が既に自動車修理工場をして営んでいたので、この映画の「鈴木オート」を見ていると何か懐かしく感じます。
この映画の原作者は西岸良平と言う漫画家の方です。
今から21~23年位前に単行本の「夕焼けの詩」にハマっていたので、映画化されると聞いた時には「何で今頃?」と思いました。 
前作の映画もかなりヒットした様ですが、漫画本で読むよりは感動が薄かったです。 漫画本の方が、当時のホノボノしとした日本の家庭、ご近所付き合いなどを感じる事が出来ました。
仕方の無い事だろうけど、映画版は少々美化し過ぎだと思います。
その分だけ、ホノボノ感が死んでいると感じました。
昭和30年代をテーマとした博物館も今は賑わっているみたいです。
僕も行きましたが(笑)
因みに、石川県の和倉と岐阜県の高山に有る2つの施設に行きました。
自分が子供だった頃の懐かしい雰囲気を感じる事が出来ました。
高山の方は、建物の2Fに上がると時代表現が滅茶苦茶でした・・・
和倉の方はオモチャの博物館も兼ねているので見応えは有ります。
横浜のラーメン博物館へも何度か行ったんだった・・・
      ↑が、古い感じを再現した施設の最初ですかね?
今でも富山の駅前には、
そんな雰囲気を漂わせている小さな飲み屋街が有ります。
同じ通りに有る、強烈に怪しい雰囲気を放っていたエロ映画館は去年だったか今年だったかに閉館しちゃいました。
中学生の時に「五月みどりのかまきり夫人の告白」等を観に行った以降は行っていません(^_^;)
こんな事を書いていると、昭和って既に遠い昔なんだなぁ~って感じます。
本日は、いつもとは少し違う角度で書いてみました(笑)
ご注文をお待ちしています(爆)


コメントはまだありません。

コメントする